中島製造のエンジン

中島飛行機は中島知久平が海軍を退職して興した会社だが、米国のライト社やプラット&ホイットニー社のエンジンをライセンス生産して勉強し、自社オリジナルエンジンの製造を開始した。中島製の著名なエンジンとして、零戦、隼に搭載されたハ25(海軍名「栄」)やハ45(海軍名「誉」)がある。

ハ41、ハ109、ハ119

統一名称ハ34-01ハ34-11ハ34-12
陸軍ハ番号ハ41ハ109ハ119
陸軍制式名100式1250馬力2式1450馬力
海軍記号NK5NK5
海軍通称
型式空冷・複・星・14空冷・複・星・14空冷・複・星・14
筒径×行程146×160146×160146×160
容積リットル37.4837.4837.48
圧縮比6.96.7
減速比0.68750.6875
離昇馬力hp1,2601,5001,500
回転数2,5002,650
公称1速hp1,2601,440
高度m3,7002,100
公称2速hp1,220
高度m5,200
全長mm
全幅mm1,2601,260
全高mm1,2601,260
重量kg630720
備考

ハ5を改良したシリーズで、爆撃機用に開発されたエンジンである。九七式重爆撃機や九七式軽爆撃機に搭載された。二式単座戦闘機「鍾馗」の開発時適当な高出力エンジンがなかったため爆撃機用のハ41を使用した経緯は、同じく爆撃機用の火星エンジンを積んだ雷電のいきさつに似ている。

ハ25、ハ115、栄

統一名称ハ35-11ハ35-12ハ35-21ハ35-31ハ35-32
陸軍ハ番号ハ25ハ25ハ115ハ115-Ⅰ
陸軍制式名99式950馬力99式950馬力1式1150馬力2式1150馬力
海軍記号NK1BNK1CNK1FNK1E
海軍通称栄11栄12栄21栄31栄32
型式空冷・複・星・14空冷・複・星・14空冷・複・星・14空冷・複・星・14空冷・複・星・14
筒径×行程130×150130×150130×150130×150130×150
容積リットル27.8627.8627.8627.8627.86
圧縮比7.27.27.27.27.2
減速比0.68750.68750.58330.6875
離昇馬力hp1,0009401,1301,1501,190
回転数2,5502,5502,7502,750
公称1速hp9809501,1001,100
高度m3,0004,2002,8502,850
公称2速hp980980980
高度m6,0006,0006,000
全長mm
全幅mm1,1501,1501,1501,1501,150
全高mm1,1501,1501,1501,1501,150
重量kg530530590
備考

ハ25、ハ115、栄は一式戦闘機隼や零式艦上戦闘機、九七式艦上攻撃機などに搭載され、大戦初期~中期にかけて大活躍した1,000馬力級エンジンである。信頼性、整備のしやすさ、燃費の良さはさまざまな伝説を作り出している。

護、ハ46

統一名称ハ46-11
陸軍ハ番号ハ103ハ103
陸軍制式名
海軍記号NK7ANK7ANK10A
海軍通称護11護12
型式空冷・複・星・14空冷・複・星・14空冷・複・星・18
筒径×行程155×170155×170155×170
容積リットル44.8944.8957.71
圧縮比6.56.5
減速比0.5780.422
離昇馬力hp1,8701,8703,000
回転数2,6002,600
公称1速hp1,7501,600
高度m1,4004,900
公称2速hp
高度m
全長mm
全幅mm1,3801,380
全高mm1,3801,380
重量kg870870
備考護の18気筒化

護は海軍にのみ採用されたエンジンで主な搭載機は深山(6機)、天山11型(124機)で少数にとどまっている。振動問題など故障が多く多量生産には至らなかった失敗作である。

ハ44、ハ54

統一名称ハ44-11ハ54-01
陸軍ハ番号ハ219ハ505
陸軍制式名
海軍記号NK11A
海軍通称BHD-BH
型式空冷・複・星・18空冷・4列・星・36
筒径×行程146×160146×160
容積リットル48.1996.38
圧縮比7.2
減速比0.431
離昇馬力hp2,4505,000
回転数2,800
公称1速hp2,300
高度m2,700
公称2速hp2,050
高度m6,400
全長mm
全幅mm1,280
全高mm1,280
重量kg1,150
備考ハ44を串形結合

2,500馬力級エンジンとして開発中だったハ44(中島社内呼称:BH)を串形に連結して5,000馬力エンジンとし、アメリカ本土を爆撃する「富嶽」に搭載しようとしたのがハ54(中島社内呼称:ダブルBH)である。冷却方法や燃料供給方法など解決しなければならない問題が山積していた。

ハ45、誉

統一名称ハ45-11ハ45-21
陸軍ハ番号ハ45
陸軍制式名4式1900馬力
海軍記号NK9BNK9H
海軍通称誉11誉21
型式空冷・複・星・18空冷・複・星・18
筒径×行程130×150130×150
容積リットル35.8235.82
圧縮比77
減速比0.50.5
離昇馬力hp1,8002,000
回転数2,9003,000
公称1速hp1,6501,860
高度m2,0001,750
公称2速hp1,4601,620
高度m5,7006,100
全長mm1,7851,785
全幅mm1,1801,180
全高mm1,1801,180
重量kg835835
備考

傑作エンジンハ25(海軍名「栄」)を18気筒化したのがハ45(海軍名「誉」)である。14気筒から18気筒にしただけでは排気量が約28.5%増えたに過ぎないので、出力も1,000馬力から1,300馬力程度にしかならない。そこで回転数を上げ、ブースト圧(吸気圧:混合気をシリンダーに押し込む力)を最大500mmHgまで高め、高性能エンジンになる予定だったが、革新的な要素を多く取り入れたために当時の日本工業界では手に余るものとなってしまい、金属の材質低下と相まって所定の性能はでなかった。

ハ47

統一名称ハ47-01ハ47-11
陸軍ハ番号ハ107ハ117ハ217特
陸軍制式名
海軍記号
海軍通称BDBDBD
型式空冷・複・星・18空冷・複・星・18空冷・複・星・18
筒径×行程150×180150×180155×170
容積リットル57.2357.2357.71
圧縮比6.86.87.2
減速比0.5780.5780.414
離昇馬力hp2,5002,5003,000
回転数2,4502,4502,600
公称1速hp2,2002,2002,750
高度m2,0002,0002,200
公称2速hp1,9501,9502,450
高度m5,0005,0005,500
全長mm
全幅mm1,4501,4501,390
全高mm1,4501,4501,390
重量kg1,0501,0501,150
備考
サブコンテンツ

FX人気商品

このページの先頭へ