愛知航空機、川崎航空機製造のエンジン

愛知航空機は仏ローレン社製水冷エンジンを、川崎航空機は独BMW社製の水冷エンジンを製造していたところから、海軍は愛知に陸軍は川崎にそれぞれダイムラー社製のDB601エンジンのライセンス生産を命じた。

ハ40、熱田

統一名称ハ60-21ハ60-22ハ60-31ハ60-32ハ60-41ハ60-51
陸軍ハ番号ハ40ハ140ハ340
陸軍制式名2式1000馬力
海軍記号AE2AAE1P
海軍通称熱田21熱田22熱田31熱田32熱田41熱田51
型式液冷・倒立V12液冷・倒立V12液冷・倒立V12液冷・倒立V12液冷・倒立V12液冷・倒立V12
筒径×行程150×160150×160150×160150×160150×160150×160
容積リットル33.9133.9133.9133.9133.9133.91
圧縮比6.86.87.27.2
減速比0.6450.6450.5320.532
離昇馬力hp1,2001,2001,4001,4001,5001,800
回転数2,5002,5002,8002,800
公称1速hp1,0501,0501,3191,3191,250
高度m1,6001,6001,7001,7002,700
公称2速hp
高度m
全長mm2,0972,0972,1322,132
全幅mm712712712712
全高mm1,0001,0001,0301,030
重量kg655655715715

ハ40、熱田はダイムラーベンツ社のDB601エンジンの国産化版であるが、愛知と川崎が別々に改造を行ったためコピーエンジンとはいえ補機類の位置などが異なり完全互換ではない。

双子、串形エンジン

統一名称ハ70-01ハ72-11
陸軍ハ番号ハ201
陸軍制式名
海軍記号
海軍通称
型式液冷・倒立V12×2液冷・倒立V12×2
筒径×行程150×160150×160
容積リットル67.8267.82
圧縮比6.9
減速比0.647
離昇馬力hp3,4002,350
回転数2500
公称1速hp3,1002,200
高度m1,9003,900
公称2速hp
高度m
全長mm5,800
全幅mm739
全高mm1,051
重量kg1,400
備考愛知・双子型式川崎・串形

愛知双子エンジンは陸上偵察機「景雲」に搭載。並列配置しギアボックスで1本のプロペラシャフト(延長軸)を回したが、2基のエンジン配置が近すぎたため冷却不足となりテスト飛行中に発火事故を起こす。

川崎串形エンジンは戦闘機キ64に搭載。操縦席を挟んで前後にエンジンを配置し、前部エンジンのプロペラシャフトを中空にし後部エンジンのシャフトを通し、それぞれのシャフトでプロペラ(二重反転プロペラ)を回した。

サブコンテンツ

FX人気商品

このページの先頭へ