九七式単発軽爆撃機、九八式単発軽爆撃機、九九式双発軽爆撃機

大日本帝国陸軍の軽爆撃機は、爆弾搭載量500kg程度までの単発あるいは双発の急降下爆撃ができる機体を指す。地上軍支援機にもかかわらず、対空砲火に対する防御が弱かった。

九七式単発軽爆撃機諸元

九七式単発軽爆撃

九七式単発軽爆撃機は川崎と三菱の競争試作となったが、九七式司令部偵察機の基本設計を流用する形で手堅くまとめた三菱の機体が採用された。機体の稼働率が高かったので実用性が高く、配備された部隊では好評で、支那事変の中期以降は主力軽爆撃機として活躍した。

エンジン空冷14気筒 中島ハ5(離昇馬力950HP/2,200r.p.m 公称馬力890HP/4,700m)
最大速度423km/h
航続距離1,700km
全高3.66m
全幅14.55m
全長10.34m
主翼面積30.58㎡
自重2,230kg
全備重量3,322kg
武装7.7mm機関銃×2
爆弾450kg
乗員2名

九八式単発軽爆撃機諸元

九八式単発軽爆撃機

九七式単発軽爆撃機に競り負けた川崎のキ32だったが、性能的には九七軽爆と甲乙付けがたかった。三菱での九七軽爆の生産が捗らないのをみて川崎のキ32を九八式単発軽爆撃機として採用し、すぐさま生産にかからせた。しかし、搭載エンジンのハ9-Ⅱ乙はチューンアップの限界に達しようとしていた液冷エンジンだったので、故障が多く戦地での稼働率はよくなかった。

エンジン液冷V型12気筒 川崎ハ9-Ⅱ乙(離昇馬力850HP)
最大速度423km/h
航続距離1,220km
全高2.90m
全幅15.00m
全長11.64m
主翼面積34.00㎡
自重2,349kg
全備重量3,762kg
実用上昇限度8,900m
武装7.7mm機関銃×2
爆弾450kg
乗員2名

九九式双発軽爆撃機二型諸元

九九式双発軽爆撃機

九九式双発軽爆撃機はドイツ空軍の急降下爆撃であるユンカースJu87シュツーカやJu88の活躍に刺激されて主翼下面にスノコ状のダイブブレーキを装備した二型乙が主力生産型となった。ダイブブレーキはキ66試作双発急降下爆撃機で効果が確認されたもので、エンジンの出力をアップした二型でも十分急降下爆撃が可能と判断されたため流用することとなった。

エンジン空冷14気筒 中島ハ115×2(離昇馬力1,150HP/2,750r.p.m 公称馬力980HP/6,000m)
最大速度505km/h(5,600m)
航続距離2,400km
全高4.32m
全幅17.47m
全長12.88m
主翼面積40.0㎡
自重4,550kg
全備重量6,750kg
上昇時間5,000mまで8分30秒
実用上昇限度10,100m
武装八九式7.7mm旋回機関銃×3(前方旋回、後部上方旋回、後部下方旋回)
爆弾300~500kg
乗員4名
サブコンテンツ

FX人気商品

このページの先頭へ