九七式重爆撃機、百式重爆撃機(呑龍)、四式重爆撃機(飛龍)

大日本帝国陸軍の重爆撃機は他国の重爆撃機と較べて爆弾搭載量があまりにも少ない。これは、仮想敵国をソ連としてきたのが原因で、シベリア地方には重要な都市などの戦略目標がなかった。したがって、爆撃機は地上支援が主任務で、反復攻撃できる機体でよかったのだ。

九七式重爆撃機諸元

九七式重爆撃機

九七式重爆撃機は、中島との競争試作に勝ち残った三菱の機体で、昭和11年に制式となった海軍の九六式陸上攻撃機と比べて爆弾倉、機首風防及び機首銃座、防弾装備を備えるなどより近代的な爆撃機となっている。しかし、爆弾搭載量や航続距離はあきらかに不足していて、太平洋戦域に於いては致命的な欠点となった。

エンジン空冷14気筒 三菱ハ101×2(離昇馬力1,530HP/2,450r.p.m 公称馬力1,380HP/4,000m)
最大速度478km/h
航続距離2,700km
全高4.85m
全幅22.50m
全長16.00m
主翼面積69.60㎡
自重6,070kg
全備重量9,710kg(正規)10,610kg(過荷)
武装7.7mm旋回機関銃(テ4)×5(前方 1、後下方 1、後側方 2、尾部 1)12.7mm機関砲(ホ103)×1(後上方)
爆弾750~1,000kg
乗員7名

百式重爆撃機(呑龍)諸元

百式重爆撃機(呑龍)

百式重爆撃機(呑龍)は九七式重爆の後継機として計画された機体で、戦闘機の擁護を必要としないため500km/h超の最高速度を有すること、20mm機関砲(ホ1)の搭載と尾部銃座の設置、航続距離3,000km以上、爆弾搭載量1,000kgが要求された。しかし、出来上がった機体は九七重爆と性能的に大差なくエンジンのハ109が故障がちだったことから部隊では歓迎されなかったようである。

エンジン空冷14気筒 中島ハ109×2(離昇馬力1,500HP/2,650r.p.m 公称馬力1,220HP/5,200m)
最大速度492km/h(高度5,000m)
航続距離2,000km(正規)3,000km(過荷)
全高4.25m
全幅20.42m
全長16.81m
主翼面積69.05㎡
自重6,540kg
全備重量10,680kg(正規)11,090kg(過荷)
上昇時間5,000mまで13分39秒
実用上昇限度9,300m
武装7.92mm機関銃×5、20mm機関砲×1
爆弾750~1,000kg
乗員8名

四式重爆撃機(飛龍)諸元

四式重爆撃機(飛龍)

四式重爆撃機(飛龍)は百式重爆撃機(呑龍)の後継機として計画され、四式戦闘機(疾風)とともに大東亜決戦機といわれ重点生産された。その名に恥じず、単発機並みの運動性能を有し、軽荷状態で曲技飛行ができたと言われ、その結果雷撃が可能と判断されて実際に海軍航空隊と連携して雷撃機として出撃している。

エンジン空冷18気筒 三菱ハ104×2(離昇馬力1,900HP/2,450r.p.m 公称馬力1,610HP/5,400m)
最大速度537 km/h(高度6,090m)
航続距離3,800 km
全高5.6m
全幅22.5m
全長18.7m
主翼面積65.0㎡
自重8,649kg
全備重量13,765kg
上昇時間6,000mまで14分30秒
実用上昇限度9,470m
武装12.7mm機関砲×4、20mm機関砲×1
爆弾50kg×15または250kg×3または500kg×1または800kg×1あるいは800kg魚雷×1
乗員8名
サブコンテンツ

FX人気商品

このページの先頭へ