爆撃機

戦前の陸軍は仮想敵国をソ連としていたため、航空機においてもソ連の航空機及び地上部隊を攻撃することを主眼に作ることが要求されていた。したがって、基地から前線が近く、地上部隊を支援するために反復攻撃ができる機体でなくてはならない。ソ連のシベリアや東部沿岸には大きな工業都市が無く戦略爆撃という概念は全くなかった。つまり陸軍航空隊は戦術航空隊であったわけだ。

陸軍主要制式機 爆撃機一覧

陸軍爆撃機

陸軍爆撃機は、重爆撃機と軽爆撃機の2種類の爆撃機を開発、使用している。重爆撃機(重爆)は1トン程度までの爆弾搭載量、軽爆撃機(軽爆)は500kg程度までの爆弾搭載量で、それぞれ反復攻撃ができる機体と定義されている。

九七式重爆撃機

九七式重爆撃機

九七式重爆撃機は、中島との競争試作に勝ち残った三菱の機体で、昭和11年に制式となった海軍の九六式陸上攻撃機と比べて爆弾倉、機首風防及び機首銃座、防弾装備を備えるなどより近代的な爆撃機となっている。・・・・

百式重爆撃機 呑龍

呑龍

百式重爆撃機(呑龍)は九七式重爆の後継機として計画された機体で、戦闘機の擁護を必要としないため500km/h超の最高速度を有すること、20mm機関砲(ホ1)の搭載と尾部銃座の設置、航続距離3,000km以上、爆弾搭載量1,000kgが・・・・

四式重爆撃機 飛龍

飛龍

四式重爆撃機(飛龍)は百式重爆撃機(呑龍)の後継機として計画され、四式戦闘機(疾風)とともに大東亜決戦機といわれ重点生産された。その名に恥じず、単発機並みの運動性能を有し・・・・

九七式単発軽爆撃機

九七式単発軽爆撃機

九七式単発軽爆撃機は川崎と三菱の競争試作となったが、九七式司令部偵察機の基本設計を流用する形で手堅くまとめた三菱の機体が採用された。・・・・

九八式単発軽爆撃機

九八式単発軽爆撃機

九七式単発軽爆撃機に競り負けた川崎のキ32だったが、性能的には九七軽爆と甲乙付けがたかった。三菱での九七軽爆の生産が捗らないのをみて川崎のキ32を九八式単発軽爆撃機として採用し・・・・

九九式双発軽爆撃機

九九式双発軽爆撃機

九九式双発軽爆撃機はドイツ空軍の急降下爆撃であるユンカースJu87シュツーカやJu88の活躍に刺激されて主翼下面にスノコ状のダイブブレーキを装備した二型乙が主力生産型となった。ダイブブレーキはキ66試作双発急降下爆撃機で効果が・・・・

サブコンテンツ

FX人気商品

このページの先頭へ