偵察機、飛行艇

大日本帝国海軍は、艦上偵察機、特に水上機や飛行艇に関して、優秀な機体を多く生産した。索敵に一役買ったのは勿論だが、大型飛行艇を攻撃機として使おうとした発想は日本海軍だけである。戦艦を中心とした艦隊決戦の露払い役くとして、大型飛行艇で雷撃を敢行し、少しでも敵戦力を削いで艦隊決戦を有利にしようとする思想であった。

海軍主要制式機 偵察機、飛行艇一覧

海軍偵察機、飛行艇

航空母艦で使用する偵察機は伝統的に艦上攻撃機をあてていた。脚が長く、無線機を搭載し、3座などの要素が揃っていたからである。しかし、空母単独の任務はあり得ないので、機動部隊の他の艦艇(主に巡洋艦)から水上偵察機を飛ばすことが圧倒的に多かった。水上機はフロートを装備している分速度が遅いので敵戦闘機に喰われることが多く、高速偵察機が望まれていた。艦上爆撃機彗星の試作機を二式艦上偵察機として実戦投入されたが、最初から高速偵察機として投入されたのが彩雲である。

他の列強海軍では偵察や対潜哨戒、救難などに使用されることが多い飛行艇であるが、日本海軍は大型飛行艇の仕様に雷爆撃ができるように、の文言を加えている。つまり、陸上攻撃機に対する水上攻撃機が大型飛行艇なのである。

零式小型水上偵察機

零式小型水上偵察機

零式小型水上偵察機は潜水艦に搭載する九六式小型水上偵察機の後継機で、歴史上唯一アメリカ本土を爆撃した軍用機として知られている。潜水艦に水上機を搭載して偵察活動を日本海軍が唯一行った。レーダーが潜水艦に搭載されて実用化されるまでは浮上した潜水艦の・・・・

零式水上観測機

零式水上観測機

零式水上観測機は大戦直前から華南方面、マレー半島方面に配備され、艦載機としてだけではなく水上機基地から偵察、哨戒、爆撃、空戦などの任務をこなした。複葉機だと思ってなめてかかったアメリカ軍機を何度も返り討ちにして、「ピート(零式水上観測機のアメリカ軍呼称)と安易に・・・・

艦上偵察機 彩雲

艦上偵察機 彩雲

艦上偵察機(彩雲)は大戦が勃発してから開発が始まり、終戦までに制式となり量産されて実戦運用された日本陸海軍で唯一の機体である。艦上偵察機(彩雲)の要求性能は高度6,000mにおいて最高速度・・・・

九七式飛行艇

九七式飛行艇

九七式飛行艇は主翼を艇体から浮かして支柱で支えるパラソル翼を採用していたが、二式飛行艇は高翼型式とした。(当時開発された新型飛行艇はほとんどがこの形)パラソル翼より一段主翼の位置が下がっているので、プロペラが水面を叩かないように艇体の高さを高くする・・・・

二式飛行艇

二式飛行艇

二式飛行艇は昭和13年に試作命令が川西に発せられたが、同時に中島に対して陸上攻撃機(深山)の試作命令が発せられ、その要求書は飛行艇を陸上機に書き換えられている他は全く同一の要求書だった。飛行艇はもちろん偵察哨戒を行うが、二式飛行艇にたいしては敵艦船に・・・・

サブコンテンツ

FX人気商品

このページの先頭へ