陸上攻撃機

海軍航空隊の相手は敵艦隊である。したがって、陸上基地から飛び立つ攻撃機といえども雷撃ができなくてはならない。艦隊決戦の露払いとして、南方の島に作った滑走路を不沈空母に見立てて出撃、敵艦隊の勢力を減らすことが陸上攻撃機の目的となる。

海軍主要制式機 陸上攻撃機一覧

海軍陸上攻撃機

広い海上が戦場となるため、陸軍の重爆撃機とは異なり長い脚が必要となる。この要求を満たすには双発以上の機体でないと無理で、航続性能を優先とし雷撃も可能な機体となると爆弾搭載量はせいぜい800kg程度が精一杯だった。陸軍の機体に比べ海軍の攻撃機は防弾が弱く、敵機銃弾に対してすぐ火を噴いて損害が激しかった。

九六式艦上戦闘機

九六式艦上戦闘機

日本で初めてフラップを実用装備したのは九六艦戦である。昭和2年に三菱の風洞試験場主任である野田哲夫技師が揚力増強装置として、スプリット・フラップを考案し、翌昭和3年には日本国内の特許を取っていた。あいにく外国特許を取っていなかったため、その後数年経ってアメリカで使われ出し世界各国へ普及していった。そのことに堀越技師は、・・・・

九六式陸上攻撃機

九六式陸上攻撃機

九六式陸上攻撃機は革新的な、あるいは実験的な機体で、日本陸海軍初の引き込み脚、自動操縦装置と無線帰投装置、沈頭鋲、可変ピッチプロペラを採用している。沈頭鋲(ちんとうびょう)は金属外板を骨組みに打ち付けるときに使う鋲の頭が平らな・・・・

一式陸上攻撃機

一式陸上攻撃機

一式陸上攻撃機は計画された当初、海軍の要求性能を満たすには4発機しかないとして三菱の設計陣は海軍に申し入れしたが、拒否され要求通りの双発機で決定した。海軍は・・・・

陸上爆撃機 銀河

陸上爆撃機 銀河

陸上爆撃機(銀河)は、ドイツで開発されたユンカースJu88双発急降下爆撃機に刺激された海軍が空技廠に命じて設計させた陸上双発急降下爆撃機である。そもそもなぜ双発機に急降下爆撃の機能を求めるのか不思議でならないが、・・・・

対潜哨戒機 東海

対潜哨戒機 東海

陸上哨戒機(東海)は磁気探知機である三式一号探知機を搭載した対潜捜索と対潜攻撃を目的とする沿岸哨戒機で、九州南西沖、五島西方沖を作戦活動域とした。陸上・・・・

サブコンテンツ

FX人気商品

このページの先頭へ