艦上攻撃機

艦上攻撃機の役目は航空魚雷を使用する雷撃、爆弾を使用する水平爆撃、専用の偵察機が開発されるまでは偵察任務もこなしていた。偵察に必要な無線装置を搭載していることと足の長さを持っていたからだ。

海軍主要制式機 艦上攻撃機一覧

海軍艦上攻撃機

低翼単葉全金属製の機体になってから艦上攻撃機の設計は伝統的に中島飛行機が強く、九七式、天山、天山から発展した艦上偵察機彩雲を制作している。

空母を運用するに従って、艦上攻撃機で雷撃をする際、敵対空放火からの退避機動の必要性が高まり、艦上爆撃機では、空母の装甲が厚くなってきたために更に大きな爆弾で急降下爆撃をする必要がでてきたため、艦上攻撃機と艦上爆撃機を同一機体でとの声が高まった。それに応えて設計されたのが流星である。

九七式艦上攻撃機

九七式艦上攻撃機

九七式艦上攻撃機は1号(及び3号)と2号があり、1号は中島製で2号は三菱製である。3号は1号のエンジンを光から栄に換装したもので基本機体は1号と同じである。九七艦上攻撃機1号は日本海軍初めての全金属製低翼単葉引き込み脚で、・・・・

艦上攻撃機 天山

艦上攻撃機 天山

艦上攻撃機(天山)の外形的な特徴は太い胴体と前に傾いたように見える垂直尾翼だろう。空母のエレベーターギリギリまで全長を伸ばし、三点姿勢の状態で垂直尾翼後縁を垂直にしたため特徴的な垂直尾翼となった。この手法は後の艦上偵察機(彩雲)にも受け継がれ、・・・・

艦上攻撃機 流星

艦上攻撃機 流星

艦上攻撃機(流星)は、昭和14年の実用機試製計画の機首統合整理問題の一環で、艦上攻撃機と艦上爆撃機を兼ねる新型式の艦上攻撃機として開発された。16試艦上攻撃機としての要求性能は、1.1機種で艦攻、艦爆を兼ね水平・急降下爆撃・・・・

特殊攻撃機 晴嵐

特殊攻撃機 晴嵐

特殊攻撃機(晴嵐)は、大型潜水艦イ400型に搭載される攻撃機として山本五十六連合艦隊司令長官の命によって開発された水上機である。当初の目的はアメリカの大西洋艦隊がパナマ運河を通って太平洋に進出するのを妨害するため、・・・・

サブコンテンツ

FX人気商品

このページの先頭へ