陸軍と海軍の確執

陸軍と海軍の仲が悪かったのは有名な話だが、第一線の兵士たちには関係のないことであった。こと航空行政においては、陸軍の航空機導入が早かったせいもあり、初期の頃は陸軍が海軍の航空機行政を見下していたきらいがある。しかしながら、軍艦製造という先端技術を駆使する兵器製造においては陸軍を凌駕する海軍であったから、後発ではあったが、空技廠という大技術集団を作り上げたのはさすがである。

対抗意識丸出しの陸海軍がてんで勝手に航空機製造に乗り出したものだから、様々なところで無駄を生じてしまい、生産に注力すべき時期に非効率な作業があちこちで起こったことは返す返すも残念でならない。ここでは、その結果として生じた無駄な話をしていく。

エンジン

三式戦闘機「飛燕」のところでも述べたが、ドイツが欧州に戦端を開いて快進撃を続けると、その立役者であるメッサーシュミットBF109の情報が日本にも伝わってきた。情報を分析すると、どうも搭載しているダイムラーDB601というエンジンが素晴らしいとのこと。陸軍、海軍ともこれに目を付け、ライセンス生産の契約を結ぼうと考えたところ、海軍が一歩先んじて先に契約を結んでしまった。後から交渉しに行った陸軍に、ダイムラー側は同じ国に2度ライセンス権を売ることは商道徳に反するから海軍に話をつけたらどうか、と親切に言ってくれたが、交渉に当たった実務担当者は納得できても首脳陣が首を縦に振らなかった。結局、陸軍は川崎航空機に海軍は愛知飛行機にそれぞれライセンス生産を命じたのであった。

エンジンの開発は機体のそれに較べて数倍の時間を要する。日本のエンジンを製造するメーカーは専門とする会社がなかったので、人的にも資材的にも1社或いは2社に集中することができなかったことは、2千馬力以上の安定したエンジンを開発できなかったことに繋がる。

行政的なまずさはさらに次のような弊害も生み出した。つまり、陸海軍が同じエンジンを使用する際、脈絡なく勝手に自分の都合の良いように改造してしまったのだ。前述のDB601のライセンス品である陸軍が採用した「ハ40」と海軍が採用した「熱田」はエンジン補機類の取り付け位置など細かいところで違うエンジンになってしまっていた。この現象は零戦や隼に搭載された名エンジン「栄」でもあったという。近代戦を戦い抜くには兵器の大量生産が必要条件であるにもかかわらず、この体たらくはどうしようもなく虚しい。

航空燃料

奇跡のエンジンと言われた中島製エンジン、陸軍名称「ハ45」、海軍名称「誉」は高ブースト圧、高回転のエンジンであるため、滑油、燃料とも最高のものが要求された。事実海軍は中島の要求を聞き入れ、92オクタン以上のガソリンを精製する工場を建てて終戦間際まで生産したが、陸軍にはその工場は伏せられ、最後までその恩恵に与ることはなかったという。

機種

航空母艦で運用する機体あるいは水上機、飛行艇ばかりを海軍が作るのなら分かるが、陸上基地から発進する機体も数多く生産している。大陸を主担当した陸軍、南太平洋の島嶼を主担当した海軍という役割分担があったが、陸上基地を航空母艦に見立てて航空艦隊を運用していく海軍には陸上機が必要だったわけだ。

陸上基地を発進する機種として、基地防衛を主任務とする局地戦闘機、敵の基地や艦船を攻撃するための陸上攻撃機がある。陸軍は二式単戦「鍾馗」以降、明らかに重戦闘機を指向していたので、時期的に言えば「鍾馗」を譲り受けて局地防衛に当たらせても良かったと考える。大戦後半に行われた陸海軍共同の作戦では、陸軍の重爆である四式「飛龍」が魚雷を搭載して艦船攻撃に参加している。陸軍の重爆と海軍の陸攻はともに双発で爆弾搭載量も約1トンだが、決定的に違うところは航続距離である。しかし、これとて最初から要求すれば何とかなる話である。

航空機銃、航空機関砲

大戦を通じて米国は陸海軍機を問わず、コルト・ブローニング12.7mmを多用した。この機銃は発射速度が速いので直進性が良く、20mmの弾丸に較べて軽いので携行弾数を多くすることができた。時間あたり、単位面積あたりの威力は機銃を多く積むことでカバーしている。日本軍はこの名銃に大いに悩まされた。

翻って日本軍はどうだったのだろうか?銃の開発は身近に銃のあった欧米とは違いノウハウが少なかったことは事実である。だからこそ陸海軍力を合わせて開発すべきではなかったのか。日本は零戦で初めて20mmという航空機銃にしては大口径銃を装備した。この20mm機銃はスイス・エリコン社の銃をライセンス生産したものだが、陸軍の20mm機関砲であるホ5は12.7mmのホ103(ブローニング系)を拡大したものなので、まったく互換性がないばかりか、ホ5はあまりにも軽量化しすぎたため軽量弾を使用せざるを得なかった。もちろん海軍の20mmとは互換性はない。

サブコンテンツ

FX人気商品

このページの先頭へ